緊急ウイルス情報の無償配信サービスを開始(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

緊急ウイルス情報の無償配信サービスを開始(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は1月20日、緊急ウイルス情報の無償配信サービスを開始すると発表した。今回のサービスは、危険度の高いウイルスに関する情報を、ウイルス発生直後に提供するというもの。F-Secureウイルス研究所により全世界に配信する危険度の高いウイルス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は1月20日、緊急ウイルス情報の無償配信サービスを開始すると発表した。今回のサービスは、危険度の高いウイルスに関する情報を、ウイルス発生直後に提供するというもの。F-Secureウイルス研究所により全世界に配信する危険度の高いウイルス(レーダーLevel 1、Level 2)の情報が、発生直後に第一報として配信され、その後日本語による詳細ウイルス情報が提供される。レーダーLevel 1は、感染力が高く緊急性を要するウイルスが発生した際に配信され、2002年ではSlapperとBugbear発生の際に配信された。同サービスは日本エフ・セキュアのホームページにて登録可能。

http://www.f-secure.co.jp/news/200301201/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×