TraceList の手順(1) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

TraceList の手順(1)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 セキュリティ監査、診断を補完する手法 TraceList の概要について、以前ご説明した。
 今回は、もう少し具体的な手順などをご紹介する。


>> TraceList の手順

 TraceList は、おおまかには、下記の手順で進める。

 1.プロファイリング
   ターゲットサイトの管理するIPアドレス範囲の取得
   ネットワーク設定のパターンの確認
 2.調査
   Well Known Port に絞った調査と整理
 3.再調査
   絞り込んだIPアドレスに対する詳細な調査
 4.分析
   「3.」の結果の整理、再調査
 5.レポート


>> TraceList のプロファイリング

 TraceList のプロファイリングは、「2.」で実施する多数のIPアドレス調査のための準備である。
 プロファイリングの目的は、ターゲットに関連するIPアドレスを洗い出すことと、基本パターンを探ることになる。基本パターンとは、データセンター利用状況、メールサーバ、DNSの運用形態などである。

 プロファイリングは下記の内容を実行する。

 (1) IPアドレスの分布を予測し、調査対象IPアドレスを特定する
 (2) 調査不要のIPアドレス範囲を確認する
 (3) ターゲットのネットワークのパターンを探る
 (4) ターゲットのネットワークで使用しているサーバ種別を絞り込む
 (5) ターゲットホストの運営形態を探る

個別に実施する内容は下記となる。

 (1) IPアドレスの分布を予測し、調査対象IPアドレスを特定する
  ネット上の多くのサービスは、複数のIPアドレスを保有している。それぞれのアドレスにWWWサーバ、メールサーバあるいはスイッチ、ルータなどを割り当てている。いずれかのIPアドレスに脆弱性があった場合、侵入する入り口になる可能性などがある。ターゲットの安全状態を確認するためには、ターゲットの管理するIPアドレスを総当りで確認する必要がある。
  ここでは、編集部謹製のツール "PrisonMEMO Pro" を使用する。
  このツールには、" Pro" のついていない "PrisonMEMO" というものもあるが、 TraceList での使用に耐えられるのは、"Pro" のみである。

◇「PrisonMEMO Pro」
http://shop.vagabond.co.jp/o-pmp01.shtml

 "PrisonMEMO" では、IPアドレスごと、ホストごとに表示するページが分かれてしまい、大量のIPアドレス、ホストを一度に調査するような場合、大量のページが生成されて事実上見ることができなくなってしまうのである。これに対して "PrisonMEMO Pro" では、複数のIPアドレス、ホストを1ページの表に表示( http://www.scan-web.com/image_public/sam01.gif )したり並べ替える機能があり、TraceList のような大量の調査の際には、非常に効率がよい。


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×