MicrosoftのISA Serverに二要素認証製品「RSA SecurID」を採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

MicrosoftのISA Serverに二要素認証製品「RSA SecurID」を採用(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは1月7日、米Microsoftと共同で、Microsoft ISA(Internet Server and Acceleration)Server 2000 Feature Park 1に二要素認証機能を組み込んだと発表した。Feature Park 1のキーコンポーネントは、RSAの二要素認証ソフトウェア「RSA SecurID」をサポートしている。これにより、Webサーバ、Exchange ServerおよびExchange Outlook Web Accessとファイアウォールという従来の組み合わせを超える高度なセキュリティを使いやすさが実現可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200301071.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×