セキュリティ・アプライアンスのライセンス体系を刷新(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

セキュリティ・アプライアンスのライセンス体系を刷新(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シマンテックは1月15日、セキュリティ・アプライアンス「Symantec Gateway Security(SGS)」と「Symantec VelociRaptor(VR)」のライセンス体系を、2月3日より刷新すると発表した。
 SGSは、企業ネットワークのゲートウェイを保護する統合型セキュリティ・アプライアンス。一方のVRは、高度のデータ検査技術を持つファイアウォール・アプライアンス製品。今回のライセンス刷新では、従来のクライアントマシンのライセンス数ごとに用意された3モデルを、SGSは、50の基本ライセンスを持つ1モデル「SGS 5310」のみに、VRは、100の基本ライセンスを持つ2モデル「VR 1100」「VR 1310」とし、必要により追加ライセンスを購入する仕組みを導入した。これにより価格は最大約37%引き下げられる。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/presscenter/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×