セキュリティ・アプライアンスのライセンス体系を刷新(シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

セキュリティ・アプライアンスのライセンス体系を刷新(シマンテック)

 株式会社シマンテックは1月15日、セキュリティ・アプライアンス「Symantec Gateway Security(SGS)」と「Symantec VelociRaptor(VR)」のライセンス体系を、2月3日より刷新すると発表した。  SGSは、企業ネットワークのゲートウェイを保護する統合型セキュリティ・

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社シマンテックは1月15日、セキュリティ・アプライアンス「Symantec Gateway Security(SGS)」と「Symantec VelociRaptor(VR)」のライセンス体系を、2月3日より刷新すると発表した。
 SGSは、企業ネットワークのゲートウェイを保護する統合型セキュリティ・アプライアンス。一方のVRは、高度のデータ検査技術を持つファイアウォール・アプライアンス製品。今回のライセンス刷新では、従来のクライアントマシンのライセンス数ごとに用意された3モデルを、SGSは、50の基本ライセンスを持つ1モデル「SGS 5310」のみに、VRは、100の基本ライセンスを持つ2モデル「VR 1100」「VR 1310」とし、必要により追加ライセンスを購入する仕組みを導入した。これにより価格は最大約37%引き下げられる。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/presscenter/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×