インターネット・コンテンツ・セキュリティ製品の販売を開始(アラジンジャパン) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

インターネット・コンテンツ・セキュリティ製品の販売を開始(アラジンジャパン)

 株式会社アラジンジャパンは1月8日、アラジン・ナレッジ・システムズ(イスラエル)が開発したインターネット・コンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.5」の販売を開始すると発表した。同製品は、ウイルスやインターネット・バンダル(悪質なJava、ActiveXな

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社アラジンジャパンは1月8日、アラジン・ナレッジ・システムズ(イスラエル)が開発したインターネット・コンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.5」の販売を開始すると発表した。同製品は、ウイルスやインターネット・バンダル(悪質なJava、ActiveXなど)に対応し、セキュリティホール(OS、クライアント・アプリケーションなど)への攻撃を未然に阻止するセキュリティソリューション。ゲートウェイを通過するコンテンツをリアルタイムで監視し、企業にダメージを与えるコンテンツをブロックすることができる。
販売価格は、25ユーザ236,000円〜。

http://www.aladdin.co.jp/news/index_n_20030108.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×