2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は1月7日、国内における2002年度のウイルス感染被害年間レポート(最終版)を発表した。レポートによる1位は「WORM_KLEZ」で被害件数は18,545件。続く2位は「WORM_BADTRANS.B」で7,794件、3位は「WORM_BUGBEAR.A」で1,966件の被害が報告された。2002年はワーム型ウイルスが感染の主流となり、KLEZは4月から8ヶ月間連続で被害件数1位となった。また、活動内容がKLEZに似ているBUGBEAR.Aも長期間流行の兆しを見せているとのこと。
 2002年のウイルス被害報告の総件数は52,172件で、昨年(25,644件)の倍以上であった。トレンドマイクロでは、今後の傾向として、セキュリティホールを悪用し、さらにメールの件名や本文を人の心理をつくよう工夫されたウイルスの増加が懸念されるとしている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/report/mvr2002_12.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×