無線通信機能を搭載した超小型ICカード用リーダライタを開発(大日本印刷、十条電子) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

無線通信機能を搭載した超小型ICカード用リーダライタを開発(大日本印刷、十条電子)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 大日本印刷株式会社、十条電子株式会社は、無線通信機能を搭載した超小型ICカード用リーダライタを開発したと発表した。同装置は67×21×11mm、13グラムと小型・軽量で、GSM/3GPP規格のUIMサイズのICカードを内部に格納して使用するもの。パソコンのUSBポートに接続することで、簡単にICカードを利用することが可能なほか、無線通信用のアンテナを内蔵しており、非接触ICカード用リーダライタにかざすことでも、格納したICカードを利用することができるのが特長。価格は2,800円程度/1万ロット。サンプル出荷は2003年1月中旬の予定。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2002/20021211.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×