【マンスリーレポート 2002/11】インシデント事後対応 ベストは、カカクコム、インフォシーク ワーストは、UFJつばさ証券 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

【マンスリーレポート 2002/11】インシデント事後対応 ベストは、カカクコム、インフォシーク ワーストは、UFJつばさ証券

製品・サービス・業界動向 業界動向

 2002年11月 Prisoner'Choice インシデント事後対応 ベスト&ワースト

 2002年11月にネット上で発生したインシデントの中で、ライター集団 Prisonerが、独自の観点で選んだインシデント事後対応 ベスト&ワーストをお送りする。


>> ベストは、カカクコム、インフォシーク

 11月のベスト対応は2社。いずれもScan編集部がセキュリティホールとおぼしき箇所を発見し、それぞれ迅速な対応を行ったことがベスト選出に繋がった。

 特筆すべきは、そのセキュリティホールが両者とも「スイッチ」に存在した、という点だ。Webサーバに比べると、スイッチやルータ等は見落とされがちな部分ではあるが、これらに不正侵入してデータ盗聴やネットワーク遮断等の悪事を遂行することも可能であるため、十分な注意が必要とされている。

 11月19日の午前11時、編集部は、サーチエンジン「infoseek」を運営するインフォシーク社へ第一報のメールを送った。そして対応完了の旨、メールが来たのはおよそ3時間後の午後2時。非常に迅速な対応であった。

 その間、どういった社内の動きがあったのかインフォシーク社に尋ねたところ、「まず広報から技術部へ連絡し、技術部では即座に状況確認、影響調査、対応の実施に取り掛かりました。次に技術部から対応状況が広報へバックされ、その後に詳細内容が伝わってきました」との回答を頂いた。一見なにげなく思えるが、効率の良い緊急時の連絡体系、業務分担、意思決定の仕組み等が普段から確立されていない限り、ここまでの迅速さは発揮できなかったであろう。

 国内最大級の価格比較サイト「価格.com」を運営するカカクコム社への報告が行われたのは11月21日の13時。こちらも、同日中に対応が完了している。

 今回の迅速な対応は、どのような要因によるものなのか。
 カカクコム社に尋ねると「しいて申しますと、広報、技術部門を含む社内各部門の密接な連絡体制に加え、特に技術部門において、セキュリティも含め常に不測の事態防止の為に積極的な対策を講じており、突発的なトラブル等に対してもスムーズに対応できる体制が確立されていることが、要因として挙げられるかと存じます。また、CSも含めて、社内・社外問わず受けた報告に対しては常に迅速な調査及び対応を心掛けており、今後も引き続き徹底していきたいと考えております」との回答を得た。

 両者とも一部サービスに影響が出る可能性があったことは確かだが、幸いにも無事であった。
 備えがあれば「憂い」は最小限となる――。良質なインシデント対応は、そのことをよく表している。


 <関連記事>
 ◇セキュリティ監査、診断を補完するセキュリティチェック= TraceList (2002.11.18)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/7477.html
 ◇スイッチ、ルータ脆弱性に注意 カカクコムのスイッチにセキュリティホール(2002.11.25)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/7565.html
 ◇サーバ以外にもある危険性 = ルータやスイッチから情報を盗まれる インフォシーク社のスイッチにセキュリティホール(2002.11.21)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/7547.html


 infoseek
http://www.infoseek.co.jp/
 価格.com
http://www.kakaku.com/


>> インフォシークの★取り表

対応の速さ    ★★★★★
報告者との連絡  ★★★★★
社内体制     ★★★★
ユーザ告知方法  −
ユーザ告知内容  −
その後のフォロー ★★★★


>> カカクコムの★取り表

対応の速さ    ★★★★
報告者との連絡  ★★★★★
社内体制     ★★★★
ユーザ告知方法  −
ユーザ告知内容  −
その後のフォロー ★★★★

★の数は多いほどよい。基準は下記のとおりだが、あまり客観的というわけで
はない。
★     最悪 なしあるいはないも同然
★★    申し訳程度。
★★★   許容範囲。
★★★★  適切な対応。
★★★★★ 考えられることは全て対応。迅速。


[ Prisoner Maga ]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

  10. 攻撃者を偽のエリアに誘導するディセプション技術を搭載する統合EDRを発表(シマンテック)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×