2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は12月17日、2002年1月1日から12月15日までのデータをまとめた、日本国内における2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表した。レポートによる2002年度の1位は「WORM_KLEZ」で、被害件数は16,683件。続く2位の「WORM_BADTRANS.B」は7,23

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は12月17日、2002年1月1日から12月15日までのデータをまとめた、日本国内における2002年度ウイルス感染被害年間レポートを発表した。レポートによる2002年度の1位は「WORM_KLEZ」で、被害件数は16,683件。続く2位の「WORM_BADTRANS.B」は7,231件、3位の「WORM_BUGBEAR.A」は1,790件であった。今年度はワーム型ウイルスが主流となり長期にわたり流行したことが特長。特に1位の「WORM_KLEZ」は、4月より連続8ヶ月ものあいだ月別件数が連続1位となり、活動内容がKLEZに似ている「WORM_BUGBEAR.A」も長期間流行の兆しを見せているとのこと。その結果、今年度の被害総件数は昨年(25,644件)のほぼ倍となる50,615件となった。トレンドマイクロでは今後の傾向として、セキュリティホールを悪用し、さらに件名や本文を工夫した人の心理をつくウイルスの増加が懸念されるとしている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/report/mvr2002_12.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×