11月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

11月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は12月4日、国内における2002年度11月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。11月全体では、大きな被害をもたらすウイルスは発見されておらず、最終週に発見された「W32/Korvar」も、韓国での感染状況と比較して、日本では大きな被害にはなっていないとのこと。
 同レポートよる今月の1位は、やはり「W32/Klez@MM」。全体の感染状況は特に深刻なものではないものの、個人のPCを中心に依然として蔓延し、また企業においても、社内にKlez感染コンピュータが残存している事が想像される。続いて、2位「32/Bugbear@MM」、3位「W32/Opaserv.worm」。「W32/Opaserv」の拡散方法は共有ファイルをたどることが多く、これも会社内に感染源が残存し、そのためなかなか駆除されない状態が蔓延していることが想像される。同社は、共有感染してゆくウイルスの阻止を緊要の課題であるとし、最近、企業ネットワークへの有害性が指摘されているスパムメールへの対応も含め、ネットワークセキュリティ上、今後、従来のウイルス対策だけでなく、プロトコル解析が非常に重要な要素になりつつあるとしている。

http://www.nai.com/japan/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×