Sybase Adaptive Serverにバッファオーバーフローの脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

Sybase Adaptive Serverにバッファオーバーフローの脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 the Application Security社によると、Sybase Adaptive Server 12.0および12.5において、権限のないユーザーがログインし、バッファオーバーフローを実行できる脆弱性が発見された。Sybase Adaptive サーバーにはDBCC CHECKVERIFYと呼ばれる組み込みの機能が提供されており、dbcc checkstorageのモニターに使用される。DBCC CHECKVERIFY はチェックするべきデータベースの名前である一つのパラメータを受け入れるため、攻撃者がスタックに上書きし、サーバー上で任意のコードを実行できる可能性のあるバッファオーバーフローを含んでいる。この問題は同社が提供するパッチを当てることで解決でき、これらのパッチは http://downloads.sybase.com/swd/swx からダウンロード可能だ。

□ 関連情報:
http://www.appsecinc.com/resources/alerts/sybase/02-0001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×