Windows XPに通常ユーザーに変更されても管理者権限が残る脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

Windows XPに通常ユーザーに変更されても管理者権限が残る脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Windows XP SP1において、アドミニストレータから通常ユーザーに変更されても管理者権限が残り、他のユーザーのタスクを管理できる脆弱性が発見された。Windows XPには、「Fast User Switching」(FUS)と呼ばれる新しいオプションが用意されており、このオプションで複数のユーザーは同時に、同じPCにローカルからログインできる。また、1人のユーザーだけは一度にターミナルのGUIに取り組むことができる。しかし、アドミニストレータから通常ユーザーに格下げされたユーザーにも管理者権限が残ってしまい、タスクマネージャから他のユーザーのプロセスをリストできる。この問題を回避するには、FUS機能を使用しないか、格下げしたユーザー名でログインし、他のユーザーのプロセスを参照できるオプションをオフにする。

□ 関連情報:
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/6U0060A6AM.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×