RSA BSAFE Crypto-JがFIPS 140-1の認定を取得(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

RSA BSAFE Crypto-JがFIPS 140-1の認定を取得(米RSA Security)

 米RSA Securityは11月13日、RSA BSAFE Crypto-J 3.3.3暗号化ツールキットが、暗号モジュールに関する米国連邦情報処理標準(FIPS)140-1のセキュリティ要件適合の認定を受けたと発表した。FIPS 140認定は、テクノロジー・ベンダが米国連邦政府機関にテクノロジー関連製

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは11月13日、RSA BSAFE Crypto-J 3.3.3暗号化ツールキットが、暗号モジュールに関する米国連邦情報処理標準(FIPS)140-1のセキュリティ要件適合の認定を受けたと発表した。FIPS 140認定は、テクノロジー・ベンダが米国連邦政府機関にテクノロジー関連製品を提供するための必須条件となっているもの。FIPS認定RSA BSAFE Crypto-J 3.3.3を使用することにより、米国連邦政府機関の市場を目指す独立ソフトウェア・ベンダはコストのかかる認定プロセスを回避し、自社のJavaベース製品を米国連邦政府機関に販売することが可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200211131.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×