「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性とその対策版を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性とその対策版を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は11月28日、CERTのVU#740619に関わる「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性と対策に関して発表した。今回、問題となった脆弱性は、SSHサーバにて、悪意を持ったログインユーザが他人の偽装ログイン名にて不正操作が可能であるというもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は11月28日、CERTのVU#740619に関わる「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性と対策に関して発表した。今回、問題となった脆弱性は、SSHサーバにて、悪意を持ったログインユーザが他人の偽装ログイン名にて不正操作が可能であるというもの。これにより、偽装的なsyslog出力やアプリケーションへの不正行為の危険性があるという。対象製品は、F-Secure SSHサーバ Unix版 バージョン 2.0.13〜3.1.0 build 11すべてのPOSIX OS(AIX、Linux、HP-UX、Solaris)および、すべてのBSD系OS。日本エフ・セキュアでは、すでに対策版「F-Secure SSHサーバ Unix版 バージョン3.1.0 build 12」を提供しており、同社サイトよりダウンロード可能としている。

対策版ダウンロードページ
http://www.f-secure.co.jp/download/ssh/index_sshsrv.html
日本エフ・セキュアホームページ
http://www.f-secure.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×