「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性とその対策版を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性とその対策版を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は11月28日、CERTのVU#740619に関わる「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性と対策に関して発表した。今回、問題となった脆弱性は、SSHサーバにて、悪意を持ったログインユーザが他人の偽装ログイン名にて不正操作が可能であるというもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は11月28日、CERTのVU#740619に関わる「F-Secure SSHサーバ Unix版」の脆弱性と対策に関して発表した。今回、問題となった脆弱性は、SSHサーバにて、悪意を持ったログインユーザが他人の偽装ログイン名にて不正操作が可能であるというもの。これにより、偽装的なsyslog出力やアプリケーションへの不正行為の危険性があるという。対象製品は、F-Secure SSHサーバ Unix版 バージョン 2.0.13〜3.1.0 build 11すべてのPOSIX OS(AIX、Linux、HP-UX、Solaris)および、すべてのBSD系OS。日本エフ・セキュアでは、すでに対策版「F-Secure SSHサーバ Unix版 バージョン3.1.0 build 12」を提供しており、同社サイトよりダウンロード可能としている。

対策版ダウンロードページ
http://www.f-secure.co.jp/download/ssh/index_sshsrv.html
日本エフ・セキュアホームページ
http://www.f-secure.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×