自治体向けソリューションの開発・販売で協業(沖電気工業、日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

自治体向けソリューションの開発・販売で協業(沖電気工業、日本IBM)

 沖電気工業株式会社と日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は、電子政府および電子自治体市場向けソリューションの開発・販売で協業することに合意した。両社の得意とするソリューションを連携させ、電子窓口基盤システムの機能強化やアプリケーションの拡充を図り、来

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 沖電気工業株式会社と日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は、電子政府および電子自治体市場向けソリューションの開発・販売で協業することに合意した。両社の得意とするソリューションを連携させ、電子窓口基盤システムの機能強化やアプリケーションの拡充を図り、来年1月より本格的にソリューション提供を開始する予定。具体的には、電子申請/窓口基盤システム上で稼動するブロードバンドを利用した動画・音声配信による「e-ラーニング」や、福祉介護サービスなどのアプリケーションなどを開発、提供する。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2002/11/z02084.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×