NetScape にWEBサイトから任意のコードを実行できる脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

NetScape にWEBサイトから任意のコードを実行できる脆弱性

 Netscape 4のJavaインプリメンテーションはバッファオーバーフロー脆弱を含んでおり、悪意のあるアプレットを含むウェブ・ページを参照した場合、任意のコードがユーザのシステム上で実行される可能性がある。バッファオーバーフローは、sun.awt.windowsのcanConvert(

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Netscape 4のJavaインプリメンテーションはバッファオーバーフロー脆弱を含んでおり、悪意のあるアプレットを含むウェブ・ページを参照した場合、任意のコードがユーザのシステム上で実行される可能性がある。バッファオーバーフローは、sun.awt.windowsのcanConvert()で発生する。Netscape 4は最近非常に制限のあるユーザ・ベースを使用しており、それらが脆弱でないように、他のバージョンはサン・マイクロシステムのJavaプラグ・インを使用している。Netscape 4ユーザはプレファレンスでJavaを使用不可にすることで、この問題を回避できる。

□ 関連情報:
BUGTRAQ Netscape 4 Java buffer overflow
http://online.securityfocus.com/archive/1/301220
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×