Alcatel OmniSwitch AOSにバックドアの脆弱性が存在 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

Alcatel OmniSwitch AOSにバックドアの脆弱性が存在

 Alcatel Operating System(AOS)バージョン5.1.1を実行しているAlcatel OmniSwitch 700/7800スイッチに、バックドアの脆弱性が発見された。最悪の場合、AOSを実行しているデバイスが完全に乗っ取られる可能性がある。AOSはAlcatel OmniSwitch 7000シリーズスイッチな

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Alcatel Operating System(AOS)バージョン5.1.1を実行しているAlcatel OmniSwitch 700/7800スイッチに、バックドアの脆弱性が発見された。最悪の場合、AOSを実行しているデバイスが完全に乗っ取られる可能性がある。AOSはAlcatel OmniSwitch 7000シリーズスイッチなどのネットワークインフラ・デバイスで用いられるOSである。AOSには、テルネットサーバーがTCPポート6778で受信を行う機能が組み込まれているが、この機能はソフトウェアの開発時に使用されていたものを、配布前に削除したものだ。そのためテルネットサービスは、このポートにインストールされ稼働している。このポートに不正アクセスすることで、AOSバージョン5.1.1を利用し、Alcatel OmniSwitch 700/7800スイッチを実行している全てのコンピューターにフルアクセスできる可能性がある。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×