「W32.Brid.A@mm」の危険度を2から3に引き上げ注意喚起(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「W32.Brid.A@mm」の危険度を2から3に引き上げ注意喚起(シマンテック)

 株式会社シマンテックは11月18日、「 W32.Brid.A@mm (ブライドA)」の被害報告が増えていることから、同ワームの危険度レベルを2から3に引き上げたと発表した。「 W32.Brid.A@mm 」は、11月4日に発見された大量メール送信型ワーム。メールにはワーム自身が添付され、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは11月18日、「W32.Brid.A@mm(ブライドA)」の被害報告が増えていることから、同ワームの危険度レベルを2から3に引き上げたと発表した。「W32.Brid.A@mm」は、11月4日に発見された大量メール送信型ワーム。メールにはワーム自身が添付され、また、差出人や件名、本文に感染者のコンピュータに登録されているユーザ名やOSのバージョン、IDなどの情報を記載して送信する。11月18日16時時点でシマンテックに寄せられた被害報告件数は、全世界で750件、そのうち日本国内は13件とのこと。同社では、同ワームに対し注意を呼びかけるとともに、無償の駆除ツールを提供している。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year02/021118.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×