つくば市のメール配信サーバから2,000人にウイルスメール | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

つくば市のメール配信サーバから2,000人にウイルスメール

 つくば市が広報メールなどの配信用に使用しているサーバにウイルスが送付され、約2,000人の登録者にウイルス付きメールが送信されていたことが、11日までに判明した。送信されたウイルスは W32.Brid.A@mm で、実行するとアドレス帳を参照して大量メール送信を行う。市

製品・サービス・業界動向 業界動向
 つくば市が広報メールなどの配信用に使用しているサーバにウイルスが送付され、約2,000人の登録者にウイルス付きメールが送信されていたことが、11日までに判明した。送信されたウイルスはW32.Brid.A@mmで、実行するとアドレス帳を参照して大量メール送信を行う。市では、公開されていない同報配信メールアドレスにウイルスが送付されたことが原因と説明している。また、登録者全員にお詫びのメールを送り、現在メール送受信サービスを停止している。


http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/cgi-bin/news/news.cgi?act=disp&num=11
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×