「RSA Keon Root Signing Service」がWebTrust標準への適合を証明(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

「RSA Keon Root Signing Service」がWebTrust標準への適合を証明(米RSA Security)

 米RSA Securityは10月29日、「RSA Keon Root Signing Service」が「WebTrust for Certification Authorities」を獲得したと発表した。「RSA Keon Root Signing Service」は、プライベート・ブランドのルート認証機関によって署名されたデジタル認証に関する問題解決に

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは10月29日、「RSA Keon Root Signing Service」が「WebTrust for Certification Authorities」を獲得したと発表した。「RSA Keon Root Signing Service」は、プライベート・ブランドのルート認証機関によって署名されたデジタル認証に関する問題解決に役立つサービス。今回、Ernst & Young社による審査に基づき、認証ポリシーおよびCPSの関連要件を含むすべての標準要件への適合が証明された。Web Trust標準は、インターネットおよび公開鍵インフラストラクチャー・テクノロジーの信頼性と安全性を確立するため、米国公認会計士協会およびカナダ公認会計士協会によって作られたもので、認証機関が実施するプロセスのベンチマークとなる統一基準となっている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200210291.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×