「Windows 2000」がISO 15408の認定を取得(米Microsoft) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

「Windows 2000」がISO 15408の認定を取得(米Microsoft)

 米Microsoft社は、同社の「Windows 2000」がISO 15408の「セキュリティ評価共通基準認定」(CC認定)を取得したと発表した。同認定は、国際標準化機構(ISO)が基盤テクノロジー製品のセキュリティを評価するために設定したもので、「ITセキュリティ評価のための共通基

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Microsoft社は、同社の「Windows 2000」がISO 15408の「セキュリティ評価共通基準認定」(CC認定)を取得したと発表した。同認定は、国際標準化機構(ISO)が基盤テクノロジー製品のセキュリティを評価するために設定したもので、「ITセキュリティ評価のための共通基準」(CCITSE)として定義されているもの。Windows 2000は、ソースコードレベルにおける厳格で徹底的なテストを経た結果、「評価保証レベル4(EAL4)+欠陥修正(ALC FLR.3)」を今回取得した。また同社は「Windows XP Professional」および「Windows .NET Server 2003」に対するCC認定取得にも取り組んでいる。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases02/103002ccc.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×