「Windows 2000」がISO 15408の認定を取得(米Microsoft) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

「Windows 2000」がISO 15408の認定を取得(米Microsoft)

 米Microsoft社は、同社の「Windows 2000」がISO 15408の「セキュリティ評価共通基準認定」(CC認定)を取得したと発表した。同認定は、国際標準化機構(ISO)が基盤テクノロジー製品のセキュリティを評価するために設定したもので、「ITセキュリティ評価のための共通基

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Microsoft社は、同社の「Windows 2000」がISO 15408の「セキュリティ評価共通基準認定」(CC認定)を取得したと発表した。同認定は、国際標準化機構(ISO)が基盤テクノロジー製品のセキュリティを評価するために設定したもので、「ITセキュリティ評価のための共通基準」(CCITSE)として定義されているもの。Windows 2000は、ソースコードレベルにおける厳格で徹底的なテストを経た結果、「評価保証レベル4(EAL4)+欠陥修正(ALC FLR.3)」を今回取得した。また同社は「Windows XP Professional」および「Windows .NET Server 2003」に対するCC認定取得にも取り組んでいる。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases02/103002ccc.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×