10月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

10月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は11月5日、国内における2002年度10月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同レポートによる今月の1位は前月同様「W32/ Klez@MM 」で151件と、クレズが相変わらず猛威を振るい、また感染範囲も広範囲にわたっているとい

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は11月5日、国内における2002年度10月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同レポートによる今月の1位は前月同様「W32/Klez@MM」で151件と、クレズが相変わらず猛威を振るい、また感染範囲も広範囲にわたっているという。続く2位は「W32/Bugbear@MM」、3位は「W32/Badtrans@MM」、4位は「W32/Opaserv.worm」が挙がった。特にバグベアーが10月前半に大きな被害をもたらしたが、10月15日頃をピークに落ち着きをみせているとのこと。同ウイルスはクレズと同様、Internet Explorerの脆弱点を利用して感染し、また、メール以外にネットワーク共有による感染活動も行う。今後、亜種の発生も懸念されるため注意が必要としている。

http://www.nai.com/japan/prelease/prelease.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×