10月の月間ウイルス被害ランキングを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

10月の月間ウイルス被害ランキングを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは11月5日、国内および全世界における2002年度10月度の月間ウイルス被害ランキングを発表した。同レポートによる国内の1位は前月同様「W32.Klez」で967件、全世界では2位に後退し31140件の被害が報告されている。2位には「 W32.Bugbear@mm 」、3位

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは11月5日、国内および全世界における2002年度10月度の月間ウイルス被害ランキングを発表した。同レポートによる国内の1位は前月同様「W32.Klez」で967件、全世界では2位に後退し31140件の被害が報告されている。2位には「W32.Bugbear@mm」、3位には「W32.Opaserv.Worm」が挙がっており、バグベアーは全世界で被害件数47008件で1位となった。10月は、ネットワーク共有で広がる感染手段を持つ、バグベアーとオパサーブの両ワームによる被害が目立った。シマンテックでは、こうした攻撃が氾濫する中、安全にインターネットを利用するためには、ウイルス対策ソフトだけでなくクライアント・ファイアウォールなども必要としている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year02/021105b.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×