iDCサービスでファイアウォール/不正アクセス監視メニューを追加(TIS) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

iDCサービスでファイアウォール/不正アクセス監視メニューを追加(TIS)

 TIS株式会社は10月31日、同社が提供するiDCサービスにおいてファイアウォール運用代行と不正アクセス監視のメニューを追加し、2002年10月より提供開始したと発表した。今回開始した「マネージドファイアウォールアドバンス」、「不正アクセス監視サービスアドバンス」

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 TIS株式会社は10月31日、同社が提供するiDCサービスにおいてファイアウォール運用代行と不正アクセス監視のメニューを追加し、2002年10月より提供開始したと発表した。今回開始した「マネージドファイアウォールアドバンス」、「不正アクセス監視サービスアドバンス」は、伊藤忠テクノサイエンス株式会社の「iMSP」とインターネットセキュリティシステムズ株式会社製品を活用したもの。専用線によるプロセス監視、24時間のオンサイト保守、セキュリティレベル監視、ハードウェア費用の保守・障害対応などを行う。また、ファイアウォール運用代行サービスのベーシック版「マネージドファイアウォールベーシック」は、株式会社KCOMが提供ベンダとなり、必要最小限のサービスを安価で提供している。

http://www.tis.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×