iDCサービスでファイアウォール/不正アクセス監視メニューを追加(TIS) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

iDCサービスでファイアウォール/不正アクセス監視メニューを追加(TIS)

 TIS株式会社は10月31日、同社が提供するiDCサービスにおいてファイアウォール運用代行と不正アクセス監視のメニューを追加し、2002年10月より提供開始したと発表した。今回開始した「マネージドファイアウォールアドバンス」、「不正アクセス監視サービスアドバンス」

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 TIS株式会社は10月31日、同社が提供するiDCサービスにおいてファイアウォール運用代行と不正アクセス監視のメニューを追加し、2002年10月より提供開始したと発表した。今回開始した「マネージドファイアウォールアドバンス」、「不正アクセス監視サービスアドバンス」は、伊藤忠テクノサイエンス株式会社の「iMSP」とインターネットセキュリティシステムズ株式会社製品を活用したもの。専用線によるプロセス監視、24時間のオンサイト保守、セキュリティレベル監視、ハードウェア費用の保守・障害対応などを行う。また、ファイアウォール運用代行サービスのベーシック版「マネージドファイアウォールベーシック」は、株式会社KCOMが提供ベンダとなり、必要最小限のサービスを安価で提供している。

http://www.tis.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×