東京都の公式ページより個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

東京都の公式ページより個人情報が流出

 東京都が募集していた、アーティストにライセンスを与える「ヘブンズアーティスト」制度のWebページで、個人情報が流出していたことが発覚し、29日にサイトの公開を中止した。  今回の事件の原因は、エクセルで作成された表が見かけ上個人情報を隠しているが、データ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東京都が募集していた、アーティストにライセンスを与える「ヘブンズアーティスト」制度のWebページで、個人情報が流出していたことが発覚し、29日にサイトの公開を中止した。
 今回の事件の原因は、エクセルで作成された表が見かけ上個人情報を隠しているが、データが削除されていないファイルがHTML化したためとしており、このファイルに記述されていた154人全員の本名や職業などが流出したとしている。
 都ではデータへのリンクを切断し、個人情報を削除したデータに差し替えた他、登録されていたアーティストに対しお詫びを送付。都Webサイトの総点検を実施し、自体の再発を防ぐとしている。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2002/10/60CAU400.HTM

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×