エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄 | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄

 10月23日、エヌ・ティ・ティ・ドコモのWebサイトが改竄被害を受けた。  今回被害を受けたのは、NTTドコモ関東が用意している「東京オンライン受付センター」のWebサイト。このサイトからは、利用者の契約内容変更手続きが行うことが可能となっていた。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 10月23日、エヌ・ティ・ティ・ドコモのWebサイトが改竄被害を受けた。
 今回被害を受けたのは、NTTドコモ関東が用意している「東京オンライン受付センター」のWebサイト。このサイトからは、利用者の契約内容変更手続きが行うことが可能となっていた。

 ページの改竄を行ったのは、Perfect.Brと呼ばれるクラッカーで、現在も同サイトは停止したままとなっている。使用されていたOSは、Solaris/SunOSだが、既知のセキュリティホールを利用された可能性がある。

 また、同社の携帯電話利用者の契約内容変更手続きを行えるサイトということもあり、関連データへの被害の可能性があるが、24日14時現在も同社からの発表は行われていない。

http://www.tdc.nttdocomo.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×