エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄

製品・サービス・業界動向 業界動向

 10月23日、エヌ・ティ・ティ・ドコモのWebサイトが改竄被害を受けた。
 今回被害を受けたのは、NTTドコモ関東が用意している「東京オンライン受付センター」のWebサイト。このサイトからは、利用者の契約内容変更手続きが行うことが可能となっていた。

 ページの改竄を行ったのは、Perfect.Brと呼ばれるクラッカーで、現在も同サイトは停止したままとなっている。使用されていたOSは、Solaris/SunOSだが、既知のセキュリティホールを利用された可能性がある。

 また、同社の携帯電話利用者の契約内容変更手続きを行えるサイトということもあり、関連データへの被害の可能性があるが、24日14時現在も同社からの発表は行われていない。

http://www.tdc.nttdocomo.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×