エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

エヌ・ティ・ティ・ドコモのサイトが改竄

 10月23日、エヌ・ティ・ティ・ドコモのWebサイトが改竄被害を受けた。  今回被害を受けたのは、NTTドコモ関東が用意している「東京オンライン受付センター」のWebサイト。このサイトからは、利用者の契約内容変更手続きが行うことが可能となっていた。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 10月23日、エヌ・ティ・ティ・ドコモのWebサイトが改竄被害を受けた。
 今回被害を受けたのは、NTTドコモ関東が用意している「東京オンライン受付センター」のWebサイト。このサイトからは、利用者の契約内容変更手続きが行うことが可能となっていた。

 ページの改竄を行ったのは、Perfect.Brと呼ばれるクラッカーで、現在も同サイトは停止したままとなっている。使用されていたOSは、Solaris/SunOSだが、既知のセキュリティホールを利用された可能性がある。

 また、同社の携帯電話利用者の契約内容変更手続きを行えるサイトということもあり、関連データへの被害の可能性があるが、24日14時現在も同社からの発表は行われていない。

http://www.tdc.nttdocomo.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×