Webアクセス管理の適用範囲をIBMメインフレーム・リソースにまで拡大(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

Webアクセス管理の適用範囲をIBMメインフレーム・リソースにまで拡大(米RSA Security)

 米RSA Securityは9月24日、「RSA ClearTrust Agent for IBM HTTP Server on OS/390」の出荷開始を発表した。今回の製品は、IBMメインフレーム上のアプリケーション利用の範囲をデータ保護にまで拡大したエージェントソフト。これにより、システムに保存されているアプ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは9月24日、「RSA ClearTrust Agent for IBM HTTP Server on OS/390」の出荷開始を発表した。今回の製品は、IBMメインフレーム上のアプリケーション利用の範囲をデータ保護にまで拡大したエージェントソフト。これにより、システムに保存されているアプリケーションやデータに対する安全なアクセス管理やシングルサインオンを実現する。同製品を導入することにより企業は、RSA ClearTrustによるセキュリティ戦略の中にIBMメインフレームWebサーバの配置が可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200209241.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×