Linux技術者向けトレーニングコースを11月より開始(レッドハット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Linux技術者向けトレーニングコースを11月より開始(レッドハット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 レッドハット株式会社は、ネットセキュリティ、Linuxカーネルを対象とした高度なトレーニングコース2コースを11月より開講する。新コースは、Red Hat Linuxの従来のトレーニングコースの上位に位置するもので、ネットのセキュリティ機能やリスク管理に関する詳細かつ専門的な内容を取り扱う「RHS333 RedHat Enterprise Securityネットワークサービスコース」と、Red Hat Linuxカーネルのアルゴリズムやメモリ管理方法といった基礎知識を実践的に学ぶ「RHD236 Red Hat Linuxカーネルインターナル・コース」の2種類。講習期間と料金は、RHS333が4日間で30万円、RHD236が5日間で33万円。

http://www.jp.redhat.com/about/news/10102002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×