藤沢市生涯学習大学の受講応募者の名簿の一部が流出 | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

藤沢市生涯学習大学の受講応募者の名簿の一部が流出

 神奈川県藤沢市が今月19日に開校を予定している「藤沢市生涯学習大学」の受講応募者の名簿の一部が電子メールで外部に流れたことが11日に発覚した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 神奈川県藤沢市が今月19日に開校を予定している「藤沢市生涯学習大学」の受講応募者の名簿の一部が電子メールで外部に流れたことが11日に発覚した。

 この問題は、同日夜に藤沢市長である山本捷雄氏が、会見を開いて明らかにしたもので、10日午前7時30分ごろに、生涯学習課に保存されていた855人の応募者のデータの半分以上となる、483人分の氏名、年齢、性別、住所、電話番号が、メールで一般市民や行政機関、大学など計326カ所に流れたとのこと。

 同市が依頼した調査によると、生涯学習課内部より意図的に流されたという可能性があり、引き続き警察への調査を依頼するという。

藤沢市生涯学習大学
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/manabi/gakushu-daigaku.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×