米NIKSUNの不正侵入・情報漏洩対策製品などを国内販売(住友商事) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

米NIKSUNの不正侵入・情報漏洩対策製品などを国内販売(住友商事)

 住友商事株式会社は、セキュリティシステムベンダである米NIKSUN社へ約3億円の出資を行うとともに、同社が開発した不正侵入・情報漏洩対策システム製品などの国内販売を開始する。今回発売されるのは、ネットワーク不正侵入及び情報漏洩の追跡が可能な「NetDetector」

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 住友商事株式会社は、セキュリティシステムベンダである米NIKSUN社へ約3億円の出資を行うとともに、同社が開発した不正侵入・情報漏洩対策システム製品などの国内販売を開始する。今回発売されるのは、ネットワーク不正侵入及び情報漏洩の追跡が可能な「NetDetector」とネットワーク障害及びパフォーマンス解析が可能な「NetVCR」の2製品。両製品は19インチラックマウントタイプのアプライアンスサーバとして提供され、データ収集、統計処理、解析、表示など一連の動作を同時に行うことが可能。予定価格は両製品とも500万円〜。なお、販売は子会社のエスシー・コムテクスを通じて行われる。

http://www.sumitomocorp.co.jp/news/20020927_153226_joho.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×