新種ウイルス「Opaserv」情報 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

新種ウイルス「Opaserv」情報

製品・サービス・業界動向 業界動向

 9月末に新種ウイルス「Opaserv」が発見された。別名「Opasoft」。

 「Opaserv」は、ネットワーク共有を経由して感染するワーム型ウイルス。このワームは、自身をリモートマシン上にScrsvr.exeファイルとしてコピー、またはWindows ディレクトリにコピーする。その後、Win.ini 起動キーを作成し、システムの起動時にワームが実行されるよう設定する。

 また、侵入したネットワーク内のコンピュータ名とドメイン名を http://www.opasoft.com に送信する機能を持つ。現在、該当サイトは閉鎖されているが、再開する可能性もあるため注意が必要としている。このワームは、メールでの感染活動は行わない。


 関係各所の対応状況は下記の通り。

▼日本ネットワークアソシエイツ
 4226以降のDATファイルにて対応
ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virO.asp?v=W32/Opaserv.worm
DATファイルダウンロードサイト:
http://www.nai.com/japan/download/dat.asp

▼トレンドマイクロ
 パターンファイル355以降にて対応
ウイルス詳細:
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_OPASOFT.A
パターンファイルダウンロードサイト:
http://www.trendmicro.co.jp/support/download.asp

▼シマンテック
 9月30日付けの定義ファイルにて対応
ウイルス詳細:
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/w/w32.opaserv.worm.html
定義ファイルダウンロードサイト:
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/download.html

▼日本エフ・セキュア
 10月1日以降の定義ファイルにて対応
ウイルス詳細:
http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/opaserv.htm
パターンファイルダウンロードサイト:
http://www.F-Secure.com/download-purchase/updates.shtml

▼ソフォス
 10月1日以降の定義ファイルにて対応
ウイルス詳細:
http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32opaserva.html
IDEファイルダウンロードサイト:
http://www.sophos.co.jp/downloads/ide/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×