不正コピー防止機能付きの映像コンテンツ配信システムを発表(沖電気工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

不正コピー防止機能付きの映像コンテンツ配信システムを発表(沖電気工業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 沖電気工業株式会社は、不正コピー防止機能付きの映像コンテンツ配信システム「VisualCast−CD(ビジュアルキャスト・シー・ディー)」を発表した。同製品はセンタサーバから専用端末である「レジデンシャルビデオボックス」に高品質な映像をダウンロード配信するもので、ストリーミング製品と比べて低通信コストで安定的なシステム運用が可能な点が特長。コンテンツの配信はSSL方式を採用し、通信ネットワーク上での盗聴を防止する。加えて、ビデオ出力信号にはコピーガード機能が施され、コンテンツの生存期間をサーバから指定することでRVBに映像を残さないなど、不正コピー防止機能が充実している。画質圧縮方式はMPEG4を採用。基本システム(サーバ+RVB端末10台)で600万円。10月より販売開始。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2002/09/z02056.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×