離散対数問題を用いた安全で高速な擬似乱数生成法を開発(富士通研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

離散対数問題を用いた安全で高速な擬似乱数生成法を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社富士通研究所は9月12日、安全かつ高速な擬似乱数生成法「SR2002」を開発したと発表した。非線形変換に「離散対数問題」と呼ばれる数学的問題に基づく方法を利用することで、擬似乱数が予測不可能であることを数学的に証明できる。さらに乱数を生成する際に用いる非線形変換を高速に実行できる技術の開発に成功し、安全性と高速性を実現している。予測不可能であることが証明可能な従来の高速擬似乱数生成法 Blum-Blum-Shub 法と比較すると100倍以上の速度性能を達成した。今後は、暗号化によるセキュア通信やPKIによる認証システムなどへの適用を図っていく予定。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2002/09/12.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×