ワイズマンが電子カルテの認証として指紋認証システムを採用(日本セキュアジェネレーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

ワイズマンが電子カルテの認証として指紋認証システムを採用(日本セキュアジェネレーション)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本セキュアジェネレーション株式会社は、ワイズマンが販売する「電子カルテ for Windows」の認証システムとして、同社の指紋認証システムが標準採用されたと発表した。今回採用されたのは、マウス型指紋認証装置「SecuGenEyeDオプティマウス」および開発キット「SecuBSP」。重要な医療情報や個人情報を含む電子カルテの改ざん防止や守秘性、入力者・責任者の識別・認証に利用される。なお本製品は、中小規模病院および診療所向け電子カルテシステムとして10月にリリースされる予定。

http://www.secugen.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×