セキュリティ機能を強化したFPGA新製品「APA075」を発表(米Actel) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

セキュリティ機能を強化したFPGA新製品「APA075」を発表(米Actel)

 米Actel社は、再書き込み可能なフラッシュベースのフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)製品「ProASIC Plus」ファミリーの新製品として、よりセキュリティ機能を強化した「APA075」を発表した。システムゲート数75,000の同製品は、新開発のFlashLockオ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Actel社は、再書き込み可能なフラッシュベースのフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)製品「ProASIC Plus」ファミリーの新製品として、よりセキュリティ機能を強化した「APA075」を発表した。システムゲート数75,000の同製品は、新開発のFlashLockオンチップセキュリティ機能を備え、これまで以上に高いデザイン上の機密性を実現。内部設計データへのアクセスを禁止し、不正な変更を防止することが可能。また、従来製品より最大20%性能が向上しているのが特徴。サンプル出荷及び生産は第3四半期に開始予定。量産価格は10万個の生産で1個あたり8ドル以下になる見込み。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×