セキュリティ機能を強化したFPGA新製品「APA075」を発表(米Actel) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

セキュリティ機能を強化したFPGA新製品「APA075」を発表(米Actel)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Actel社は、再書き込み可能なフラッシュベースのフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)製品「ProASIC Plus」ファミリーの新製品として、よりセキュリティ機能を強化した「APA075」を発表した。システムゲート数75,000の同製品は、新開発のFlashLockオンチップセキュリティ機能を備え、これまで以上に高いデザイン上の機密性を実現。内部設計データへのアクセスを禁止し、不正な変更を防止することが可能。また、従来製品より最大20%性能が向上しているのが特徴。サンプル出荷及び生産は第3四半期に開始予定。量産価格は10万個の生産で1個あたり8ドル以下になる見込み。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×