【マンスリーレポート 2002/07】Frethemの亜種による被害が急増、ランキングの上位を占める | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

【マンスリーレポート 2002/07】Frethemの亜種による被害が急増、ランキングの上位を占める

製品・サービス・業界動向 業界動向

■ウイルス月次レポート

ランキング  ウイルス名   届出・被害件数

一位     WORM_Klez    4,809件

二位     WORM_Frethem  1,241件

三位     Badtrans.B     292件

四位     LoveLetter.A    181件

五位     JS_Exception    93件



Trend Micro     Symantec     IPA       日本 Network     ソフォス
                                  Associates

WORM_Klez    WORM_Klez    WORM_Klez    WORM_Klez    WORM_Klez.H
1,999件       1,469件      1,074件        267件        17.7%

WORM_Frethem WORM_Frethem WORM_Frethem WORM_Frethem  WORM_Frethem
562件        215件       315件        149件         17.0%

Badtrans.B    LoveLetter.A    Badtrans.B    Badtrans.B    W32.Yaha.E
139件       181件         57件         32件         16.8%

JS_Exception   Badtrans.B    WORM_Sircam   Exploit-MIME    Badtrans.B
93件        64件         56件          15件          5.8%

NIMDA      WORM_Hybris   X97M_Laroux   False JPEG     ElKern-C
41件        44件         46件          11件          3.7%



>> 亜種が大量発生した「Frethem」の被害が増大

 ウイルス情報系の各社が、2002年7月度のウイルス届出・被害状況を発表した。表は各社の結果をまとめたものである。新たに日本ネットワーク・アソシエイツが自社でのウイルスランキングの公開を開始したので、表に含めてある。同社のランキングは「感染」と「問合わせ」の件数をまとめているが、「感染」の件数のみ表に掲載している。また、ソフォスの数値は全世界のもので、順位は被害件数ではなく全体に占める割合となっている。

 8月度のウイルス届出・被害件数は7月度よりは減少しており、「Klez」による被害も前月より千件以上減っている。それでも5千件近い被害が報告されており、引き続き猛威をふるっていることに変わりはない。新しい動きでは、7月中旬に発生した「Frethem」が一気に拡大し、すべてのランキングで二位に位置した。IPAの発表では、最初の3日間で200件を超える届出があり、7月全体では315件となった。初めて届出があった月で300件を超えたウイルスは本年初のことであるという。また、実害率が高いことも特徴としている。

 Frethemが最初に発見したのは本年6月4日だったが、7月26日にはすでに「r」まで18種類もの亜種が出現している。現在も被害を拡大しているKlezのオリジナルが発見されたのが去年の10月で、最新の亜種は本年4月に登場した「h」である。Frethemの発生速度がいかに速いかがわかる。Frethemは「l」の亜種から日本語環境でも動作するようになり、一気に被害が拡大した。亜種の登場後、数時間にわたってウイルス対策ソフトが亜種を発見できない状態が続いたことも、被害が拡大した原因のようだ。

 ただし、Frethemの亜種は従来の亜種と違い、新しいものほど機能が低下している。本来は自己のコピーを添付したメールを大量送信するウイルスであったが、最新の亜種ではシステムへ感染のみを行い、メール送信ルーチンが自動起動しないことが確認されている。日本ネットワーク・アソシエイツでは、「頻繁な亜種の発生はどこかで、ウィルスのソースコードがシェアされている可能性をうかがわせる」とコメントしている。


>> 上位はすべてのランキングで固定。JPEGに感染する新顔も登場

 7月度は、ほとんどのランキングでKlezが一位、Frethemが二位、Badtransが三位という結果になった。KlezとBadtransは沈静化に向かっているとはいえ、まだまだ見過ごせない発生件数を記録している。すでにランキング上位のほぼ全部のウイルスが、メールを媒体として感染し大量メール送信を行うものになっている。添付ファイルのプレビューや実行によって感染することも共通しており、そのほとんどがマイクロソフトのOutlookおよびOutlook Expressのセキュリティホール対策を行うことで、感染を防ぐことができる。何度も書いていることだが、メールソフトやブラウザを最新の状態にしておくことは心がけておきたい。


【執筆:吉澤亨史】

(詳しくはScan Daily Expressをご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×