狙われる常時接続ユーザーのサーバー | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

狙われる常時接続ユーザーのサーバー

製品・サービス・業界動向 業界動向

 昨日、お伝えした東京電力の系列インターネットプロバイダ「東京電話インターネット」のWebサイトが改竄されていた事件だが、このWebサイトは同プロバイダに契約するADSLユーザーの個人サーバーで有ることが判明した。

 このユーザーは、ADSLによる接続により、IPアドレスを占有していた状態に有り、IISを利用したサーバーを立ち上げていた。大様にして個人サーバーというのはハッカーによる被害を受けやすく、既知のセキュリティホールがパッチされていない場合、格好の標的となってしまう。
 東京電話インターネットでは、このユーザーに対して個人サーバー利用の際のセキュリティ設定などを個別に案内する予定となっている。

 なお、同様のケースが多数発生していることから、他の個人サーバーユーザーも、より一層の注意が必要となるだろう。

東京電話インターネット
http://www.dup.ttcn.ne.jp/

お詫び:
昨日の記事中で、改竄されたWebサイトが東京電話インターネットの物で有るようにお伝えしましたが、正しくは個人サーバーによる被害でした。改めて関係者の皆様と読者の方々に、お詫び申し上げます。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×