2002年7月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

2002年7月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、2002年7月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同レポートによると、第1位は「W32/ Klez@MM 」で、267件の感染被害が報告されている。続く第2位には7月中旬に急増したウイルス「W32/ Frethem.l@MM (フレゼム)」で

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、2002年7月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同レポートによると、第1位は「W32/Klez@MM」で、267件の感染被害が報告されている。続く第2位には7月中旬に急増したウイルス「W32/Frethem.l@MM(フレゼム)」で、149件の被害報告と、56件もの問い合わせが寄せられている。同ウイルスは、スクリプト型ではないが、短期間に亜種が発生するという特徴があるという。
 日本ネットワークアソシエイツでは、今月よりウイルス届出状況のレポートを開始した。また、今後も毎月レポートを公表していくとのこと。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_02B.asp?pr=02/08/02
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×