セキュリティ管理ツール「GUARDIAN WALL for Linux」の最新版を発売(NECソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

セキュリティ管理ツール「GUARDIAN WALL for Linux」の最新版を発売(NECソフト)

 NECソフト株式会社は、電子メールのセキュリティ管理ツール「GUARDIAN WALL for Linux」の新バージョン4.0の販売を開始した。同製品は、電子メールの内容を検査し、あらかじめ設定しておいた運用ルールに従わない情報の発信を制限することによって、メールによる外部へ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NECソフト株式会社は、電子メールのセキュリティ管理ツール「GUARDIAN WALL for Linux」の新バージョン4.0の販売を開始した。同製品は、電子メールの内容を検査し、あらかじめ設定しておいた運用ルールに従わない情報の発信を制限することによって、メールによる外部への機密情報漏えいの危険性を低減するもの。最新版では、グループ定義機能により、検査状況の管理や発信記録の管理をグループ単位で行うことができるようになったほか、保存メールの検索機能の改善、「システム稼動状況」や「ディスク使用量」の詳細情報画面の追加、「メール配送状況確認」画面の追加などが行われ、管理・運用面が強化されている。価格は500ユーザで200万円(保守費用、SI費用は含まず)。

http://www.necsoft.co.jp/press/2002/0729/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×