企業活動を守る新セキュリティソリューションを提供(富士通) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

企業活動を守る新セキュリティソリューションを提供(富士通)

 富士通株式会社は7月30日、ウイルスによる業務停止や取引情報等の機密情報漏洩などのリスクから、企業活動を守るために経営者が取り組むべきセキュリティ対策を「組織規定レイヤ」、「インフラレイヤ」、「アプリケーションレイヤ」の3つのレイヤから成る新ソリューシ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通株式会社は7月30日、ウイルスによる業務停止や取引情報等の機密情報漏洩などのリスクから、企業活動を守るために経営者が取り組むべきセキュリティ対策を「組織規定レイヤ」、「インフラレイヤ」、「アプリケーションレイヤ」の3つのレイヤから成る新ソリューション体系として確立し、11種のセキュリティソリューションを提供開始すると発表した。業界で初めてソリューション毎の規準ポリシー・運用手順書を用意し、具体的なセキュリティ対策の導入を支援する。主な販売価格は、組織ポリシー策定/監査が500万円、不正アクセス対策・セキュリティ監視サービスが180万円、アタックテストサービスが18万円より。製品・サービスの全体の販売目標は3年間で1500億円。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2002/07/30-1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×