Windows XPのプログラムキーを装ったウイルス「QDel254」に注意(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Windows XPのプログラムキーを装ったウイルス「QDel254」に注意(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は7月30日、WindowsXPのプロダクトキー生成ツールを装ったウイルス「QDel254」に注意を促している。別名「DOAL(ドール)」。
 このウイルスは、ローカルハードディスクのファイルを削除するトロイの木馬型ウイルス。Windows XP Home Edition のキー生成プログラムを装う特徴を持っている。WindowsXPでは違法コピー防止のため、プロダクトキーを入手する際にオンライン接続が必要。そのため、違法コピーソフトを入手しようとする者に感染するおそれがある。
 日本ネットワークアソシエイツでは、「QDel254」ウイルスを7月2日に発見し、7月10日に対応定義ファイルをリリース済み。現在(7月30日時点)、同ウイルスの活動報告はなく、同ウイルスの危険度を“低 [要注意]”としている。

http://www.nai.com/japan/virusinfo/virPQ.asp?v=QDel254
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×