インターネットセキュリティ関連の RFC日本語訳を公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

インターネットセキュリティ関連の RFC日本語訳を公開

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンターは7月23日、インターネットセキュリティ関連のRFC(Request for Comments)の日本語訳を公開した。RFCはIETF(The Internet Engineering Task Force)においてなされるインターネットコミュニティの議論が、提案として公表される一連の公式文書。公開された日本語訳は、セキュリティ運用管理、セキュアプロトコル全般、暗号技術の採用、暗号アルゴリズム、ハッシュアルゴリズム、HMAC、IP Security Protocol、Kerberos、PKI X.509、S/MIME メールセキュリティ、TLS、XML デジタル署名、ファイアウォール、セキュリティ上の考察等、LDAP v3、RFC 全般に分類されている。

http://www.ipa.go.jp/security/rfc/RFC.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×