「W32/Frethem.l@MM」に関するレポートを発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

「W32/Frethem.l@MM」に関するレポートを発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、7月15日に発生したウイルス「W32/ Frethem.l@MM (フレゼム)」に関するレポートを発表した。このレポートはVirusScan ASaPデータセンターの報告をもとに作成されたもの。同レポートの統計によると、15日15時を境に検知数673

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、7月15日に発生したウイルス「W32/Frethem.l@MM(フレゼム)」に関するレポートを発表した。このレポートはVirusScan ASaPデータセンターの報告をもとに作成されたもの。同レポートの統計によると、15日15時を境に検知数673と、その1時間前の10倍以上に急増しており、Frethemウイルスが急速に広がったことが分かる。しかし、同日18時には検知数232、さらに20時には41と減少しており、同ウイルスの駆除が進められたことが伺える。ベンダ各社からの同ウイルス対応定義ファイルの提供は同日19時頃から行われたが、日本ネットワークアソシエイツでは、Frethemウイルス発生の数ヶ月前より同ウイルスの検出を可能としていた。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_02A.asp?pr=02/07/16
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×