6月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

6月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、2002年6月の国内におけるウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。レポートによる今月の第1位は「WORM_KLEZ」。
被害件数は2809件と、前月の4455件に比べ減少傾向にある。続く2位には「WORM_BADTRANS.B」、3位には「MTX」が挙がっている。今回「JS_NOCLOSE.E」が初めて上位(8位)に挙がっている。このウイルスは、JavaScript型でウイルスが仕込まれたWebサイトを見ただけで活動を開始し、実行されるとURLに接続したウインドウが自動的に開き、閉じることのできないようウインドウを隠すという。また、このようなJavaScriptやVBスクリプトを使ったウイルスは比較的簡単に作成でき、流用も可能なため、亜種の出現に注意が必要としている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/report/mvr020702.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×