IEEE802.11aとIEEE802.11b規格のどちらも利用可能な無線LANアクセス・ポイントを発表(インテル) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

IEEE802.11aとIEEE802.11b規格のどちらも利用可能な無線LANアクセス・ポイントを発表(インテル)

 インテル株式会社は、IEEE802.11aとIEEE802.11b規格のどちらも同時に使用可能な無線LANアクセス・ポイント「インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント」を発表した。両対応のため、IEEE802.11b規格の無線LANネットワークをすでに導入している企業

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 インテル株式会社は、IEEE802.11aとIEEE802.11b規格のどちらも同時に使用可能な無線LANアクセス・ポイント「インテル PRO/Wireless 5000 LAN デュアル・アクセス・ポイント」を発表した。両対応のため、IEEE802.11b規格の無線LANネットワークをすでに導入している企業が、伝送速度が最大54Mビット/秒と高速なIEEE802.11a規格に移行するのに便利。なお同製品は、アクセス・コントロール・リスト(MACアドレスによるアクセス制限)および128ビットのWEP(Wired Equivalent Protocol)に加え、新しいセキュリティ規格であるIEEE802.1xのユーザ認証にも対応済み。価格は138,000円。8月上旬出荷予定。

http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2002/020612b.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×