ApacheのChunkエンコードのバグによる重大な脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

ApacheのChunkエンコードのバグによる重大な脆弱性

 Webサーバーとして広く使用されているApacheで、Chunkエンコードのバグによる重大な脆弱性が発見された。対象となるバージョンは、1.3から1.3.24と、2.0から2.0.36と多くのバージョンに脆弱性が確認されている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Webサーバーとして広く使用されているApacheで、Chunkエンコードのバグによる重大な脆弱性が発見された。対象となるバージョンは、1.3から1.3.24と、2.0から2.0.36と多くのバージョンに脆弱性が確認されている。

 この問題によりWebの改竄やDoS攻撃が可能になることが、Apache Groupにより報告されており、UNIXやLinux、Windowsなどプラットフォームにかかわらず共通して脆弱性があるため十分な注意が必要となる。
 また、セキュリティホールmemo-MLに投稿された記事によると、Windows版の1.3では、リモートから任意のコードが実行可能になるなど、かなり重大な欠陥が発見されているのも確認されている。

 なお、この問題を修正された新バージョンである、1.3系最新版「1.3.26」と、2.X系最新版「2.0.39」が18日にリリースされているため、直ちにアップデートを施す必要があるだろう。


Apache Group
http://httpd.apache.org/
http://httpd.apache.org/info/security_bulletin_20020617.txt

最新版ダウンロードサイト
http://www.apache.org/dist/httpd/

・なお、その他のリンクについては、「セキュリティホール情報」に詳細なリンクがございますのでご参照下さい。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×