J-フォン51シリーズに暗号化ツールキット RSA BSAFE SSL-C を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

J-フォン51シリーズに暗号化ツールキット RSA BSAFE SSL-C を採用(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は6月10日、J-フォンが発売したパケット対応機(51シリーズ)のセキュリティ機能の実装に、RSA BSAFE SSL-C が採用されたと発表した。RSA BSAFE はソフトウェアやハードウェアに対する暗号化・認証などのセキュリティ機能を組み込む暗号ツール

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会社は6月10日、J-フォンが発売したパケット対応機(51シリーズ)のセキュリティ機能の実装に、RSA BSAFE SSL-C が採用されたと発表した。RSA BSAFE はソフトウェアやハードウェアに対する暗号化・認証などのセキュリティ機能を組み込む暗号ツールキット。今回、51シリーズにRSA BSAFEを採用したことにより、同電話機は128ビットのSSL機能が標準搭載され、暗号化通信が実現した。また、この51シリーズには、アプリックス社の組み込み向けJavaプラットフォーム「JBlend」が搭載されている。RSAセキュリティは、アプリックスと2001年6月に業務提携しており、以後、JBlend の SSL機能として RSA BSAFE SSL-C が搭載されているとのこと。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200206101.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×