日本大学大学院で個人情報が漏洩 | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

日本大学大学院で個人情報が漏洩

 5月30日、日本大学大学院総合社会情報研究科のWebサイトに、不正アクセスによる個人情報の漏洩があったいうお詫び文が掲載された。  同大学によると、5月25日早朝に、サーバー内に保存されていた本研究科あて資料の請求した人の、氏名や住所などが掲載されたデータが

製品・サービス・業界動向 業界動向
 5月30日、日本大学大学院総合社会情報研究科のWebサイトに、不正アクセスによる個人情報の漏洩があったいうお詫び文が掲載された。
 同大学によると、5月25日早朝に、サーバー内に保存されていた本研究科あて資料の請求した人の、氏名や住所などが掲載されたデータが流出していたことが判明し、直ちに修正作業と行ったとしている。

 なお、関係各所には書面にて別途お詫び文を送付しているとしているが、不正アクセスの発生から事件発覚までどの程度の流出があったかは不明である。

日本大学大学院によるお詫び文
http://www.nihon-u.ac.jp/owabi20020530.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×