chmファイルを装いスクリプトの実行が可能になる脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.01.17(日)

chmファイルを装いスクリプトの実行が可能になる脆弱性

 コンパイル済みのHTMLファイルである*.chmを装い、スクリプトを実行させることが可能な問題が発見された。  この問題は、SecurePointのBUGTRAQで報告された物で、ファイル名に.chmが含まれている場合、Internet Explorerが自動でHTMLとして認識してしまうために発生す

製品・サービス・業界動向 業界動向
 コンパイル済みのHTMLファイルである*.chmを装い、スクリプトを実行させることが可能な問題が発見された。
 この問題は、SecurePointのBUGTRAQで報告された物で、ファイル名に.chmが含まれている場合、Internet Explorerが自動でHTMLとして認識してしまうために発生する。これにより、悪意のあるスクリプトを含んだファイルを生成し、ファイル名に.chmの拡張子をつけることで、スクリプトを実行させることが可能になる。
 SecurePointでの報告によると、Windows98で動作しているIE 5.5と6.0で、この現象を確認されているが、Windows2000/XPでも同様の問題が発生する可能性が高い。

http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0206/5.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×