chmファイルを装いスクリプトの実行が可能になる脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

chmファイルを装いスクリプトの実行が可能になる脆弱性

 コンパイル済みのHTMLファイルである*.chmを装い、スクリプトを実行させることが可能な問題が発見された。  この問題は、SecurePointのBUGTRAQで報告された物で、ファイル名に.chmが含まれている場合、Internet Explorerが自動でHTMLとして認識してしまうために発生す

製品・サービス・業界動向 業界動向
 コンパイル済みのHTMLファイルである*.chmを装い、スクリプトを実行させることが可能な問題が発見された。
 この問題は、SecurePointのBUGTRAQで報告された物で、ファイル名に.chmが含まれている場合、Internet Explorerが自動でHTMLとして認識してしまうために発生する。これにより、悪意のあるスクリプトを含んだファイルを生成し、ファイル名に.chmの拡張子をつけることで、スクリプトを実行させることが可能になる。
 SecurePointでの報告によると、Windows98で動作しているIE 5.5と6.0で、この現象を確認されているが、Windows2000/XPでも同様の問題が発生する可能性が高い。

http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0206/5.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×