セキュリティの運用・管理に関する協力体制で基本契約締結(三井物産、日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

セキュリティの運用・管理に関する協力体制で基本契約締結(三井物産、日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 三井物産株式会社は5月29日、日本アイ・ビー・エム株式会社と、新Linuxソリューションであるセキュリティ運用・管理に関する協力体制について基本契約を締結したと発表した。三井物産の不正アクセス監視サービス「Hawk-1(ホークワン)」を、日本IBMの新サービス「IBM eServer xSeries セキュリティ・サービス -Linux- 」に対して提供するとのこと。この新サービスは、Linux環境でIBMサーバ製品を導入する企業を対象に、ITインフラから運用・保守・監視までを提供するもので、同サービスのオプションとして、今回Hawk-1が採用された。

http://www.mitsui.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×